コンシーラーでシミやくすみを隠す|使用するときコツ

肌荒れの原因と対策

石けん

吹き出物の原因になること

睡眠不足や生活習慣の乱れ、脂分の多い食事などを続けると、多くの人は肌荒れやにきびになりやすくなります。もちろん元々の体質や、中高生などの年齢で起こりやすい要素もあります。にきびを防ぐには、まずは洗顔です。洗顔石鹸できちんとメイクや日焼け止め、顔から出た皮脂を落とすことが重要です。しかし、皮脂の落とし過ぎも良くないと言われています。元々皮膚にある、乾燥を防いでバリアとして働いている成分を洗い落としてしまうと肌荒れになると言われています。にきびの原因になる要素は、食事の脂肪、添加物、紫外線、化粧品の刺激などが考えられます。現代生活ではこれらが原因でにきびになる人は増加することが予測され、にきび対策の石鹸の需要も増えていくのではと思われます。

汚れを落とす洗顔方法

固形石鹸の場合、手だけで泡立てるのは大変です。なんとなく泡立ってもキメが粗かったり、洗っているうちにヘタって流れてしまいがちです。洗顔ネットを使ったことのない人は一度使ってみると、同じ石鹸でも全く違う泡になることに驚くと思います。ネットを使ってしっかり泡立て、弾力のあるキメ細かい泡を作ることが、きちんと洗顔することの第一歩です。また、にきびができてしまった肌はこすらず洗うことも重要です。爪を立てずに圧迫しないことで、毛穴を開かせたまま泡が毛穴に入って汚れを落として綺麗に洗うことができます。にきびを潰すと跡になることが多く、アザのように黒っぽく残ったり、ひどくなるとクレータのように凹凸ができてしまいますので、潰さないように注意して洗顔しましょう。